いよいよ需要期に入って競争が激しくなってくる

WiMAXに限らずこれから一年で最もモバイルWiFiルーターの需要が高まるシーズンに入ります。

すでに特典を普段より強化しているプロバイダーも見られます。特に顕著なのがキャッシュバックです。今までは15,000円が限界だった会社も今は27,000円まで上昇しています。加入月が1ヶ月ずれるだけでかなり変わってきます。

そこで、損をしないためにも代理店などのキャンペーンをしっかり比較することが必要不可欠になってきます。この時期に合わせて悪徳な代理店も出てくるためです。

基本失敗しないためには初期費用と月額料金に注意すればまず大丈夫です。WiFiルーター本体の機種代金や契約手数料の金額にまず注目します。ルーター代は無料が多いですが、クレードルセットの場合はプラスで費用が発生することがあります。契約手数料は3,000円が相場になっています。悪徳なところは手数料で2万円を取ってくるので要注意です。

まだ心配な人はこちらのモバイルルーター比較が参考になると思います。キャリアの選び方からキャリア別のキャンペーン比較まで網羅されているので、ワンストップですべて解決してくれると思います。

WiFiはよく分からないと敬遠していた人も、今が一番お得なのは間違いないので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

モバイルWiFiルーターでスマートフォンの通信料を節約

スマートフォンは普及率も爆発的に伸びており、
便利な反面、携帯キャリアのパケット定額サービスが6000円程度かかり、これに基本料金や通話料金が発生するので、維持費が高額な点が悩みでもあります。

そんな方におすすめな通信料の節約方法は、モバイルWiFiルーターを使って、スマートフォンの通信をWiFiで行う方法です。
WiFiは無線で行うので通信料金がかかりません。
ルーターの維持費はかかりますが 、毎月4000円程度なので、携帯キャリアの定額サービスに比べると約2000円節約できます。

また、スマートフォンだけでなく、自宅ではパソコンを併用している方は思い切って自宅のパソコンも、固定回線から、モバイルWiFiルーターでのネットに切り替えてみてはいかがでしょうか?
スマートフォンを利用するようになってから、パソコンは必要だけど、立ち上げる機会が減った方や、ひとり暮らしの方には特にお得です。

モバイルWiFiルーターでのネットに切り替えるメリットは、ルーターの維持費はかわらず、スマートフォンも自宅のパソコンも接続ができますし、ややこしいい配線も不要なので、見た目もスマートです。

自宅でパソコンをモバイルWiFiルーターを使ってネット接続する場合には、通信量がどうしても多くなりますので、通信制限を設けていないUQWiMAXがおすすめです。

WiMAXのすすめ

インターネットはもはや私たちの生活には欠かせませんが、その毎月の使用料はなかなか頭の痛い問題です。私は少しでも安い方法でインターネットを使いたいと考えていた時に、このWiMAXを見つけました。

モバイルWifiルーターやサービスはすでに様々な種類が存在していました。料金はあまり違いはありませんでしたが、データ通信量に制限があるものがほとんどでした。WiMAXは使用量が無制限で、使用できるエリアも広かったため契約を決めました。

固定回線とは違い、無線での通信になるため多少接続が不安定になることがあります。頻繁にではありませんが、通信がいきなり切れたりすることもあります。
しかし、それ以外の点ではほぼ不便な点もなく、満足して使用しています。持ち運んで外出先で使うこともできるし、複数台のパソコンやスマホを接続することもできます。バッテリーも長時間持ち、使用可能エリアもどんどん広がっているようです。また、電源を入れてから数秒でスタンバイ状態になるため、待ち時間のストレスなく使用することができます。

私用でインターネットを使うのであれば、これ一台で十分だと思うほど使用感はいいです。通信費を抑えたい人、複数台の機器を接続したい人、外出先でも使いたい人などには是非おすすめします。

WiMAXのルーター

我が家ではWiMAXのモバイルWiFiルーターを利用している。

初期設定が簡単で、持ち運びやすく、値段がリーズナブルなところが気に入っている。以前加入していた光回線から乗り換えたが、スピードなどに不満はない。月額料金が安くなった分、満足している。

しかし、これは我が家の立地のせいでもあるかもしれないのだが、ランが混線するためなのか、時間帯によってはぶちぶちとインターネット接続がきれることがある。

調子のいい時(おそらく周囲の人たちがあまりインターネットを使用していないのだろう)は、サクサクとネットサーフィンなどもできるのだが、特に夜になると如実に接続が遅くなる時がある。

また、ネット接続自体ができなくなってしまうことも時たま起きるので、ルーターの電源を入れなおして再チャレンジ、ということもある。

この点、少し不便だなと感じる時もないではないが、しかしこのようにインターネットが時たま使えなくなって生活に支障がでるほどでもないので、やはり利点の方が大きいと思っている。

今申し込むならさらにパワーアップしたWiMAX2がおすすめだ。WiMAX2のエリアの広がりはこちら

よりよいモバイルライフのために。

中には、借家で回線引き込み工事ができないという人や、月々の通信費の削減のための手段の一つという人もいるかもしれませんが、現在モバイルWiFiルーターの購入を考えているという人のたいていは、仕事やプライベートでノートPCもしくはタブレットを持ち歩き使用していて、そのインターネット接続を考えているのだと思います。

そういった人たちにとって大きな悩みどころなのが、テザリングという別の選択肢でしょう。
モバイルWiFiルーターを選択した場合は、荷物の量は増えますが、電源が独立しているため必要な時に電池切れというケースは少ないでしょう。また、PCを操作しながら電話をするというシーンが考えられる場合、モバイル通信中(WiFi経由でないテザリング中)の通話はキャリアによってはできないので注意が必要です。同時使用時ではスマホの処理能力の不安にもありますのでそういった場合はモバイルWiFiルーターにしたほうが無難でしょう。

ちなみに、モバイルWiFiルーターを使うことにしたからといってガラケーを使い続けないといけないわけではありません。キャリアによってはデータ通信をすべてモバイルWiFi経由にするという前提で最小のデータプランを選択すればスマホでもガラケー並の通信費に抑えられます。

モバイルWiFiルーターに決めたとき、あとはどのキャリアにするかが問題となります。値段や通信制限の有無などで決めるとは思いますが、決めたら購入する前に一度近くで買おうとしているキャリアのものを使っている人に聞いてみましょう。というのも、サービスエリアとされていても、電波の入りにくい場所があるのはもちろん、スピードやアンテナが立っているのにつながらない(パケ詰まり)の状況があるからです。

やはり細かな部分は実際使ってみないと分かりません。時間帯によってつながらないという場合もあります。これは主に人口密集地で利用者が多い時間帯に起こることがあります。
これらを参考によいモバイルライフをおくっていただけたら幸いです。

WiMAXを使ってみて

最近は、スマホやタブレットはもちろん、パソコンを持ち歩く人も増えてきました。
コーヒーショップやファーストフード等で使っている人をよく目にします。
私も家ではネットをやっていて、外でもできたら便利だと思い、外でパソコンを使ってる人はどうやってネットに接続しているのか調べたら、Wi-Fiが主流だと知り、なかでもWiMAXが一番いいとわかりすぐに契約して、もう1年くらいずーっと使い続けています。

何と言っても、この小ささがいいです。ポケットにも、手のひらにも余裕で収まるサイズ。重量が軽いところもいいです。

このWiMAXだけで、外ではタブレット、家ではデスクトップと使い分けています。
外出するときにはタブレットとWiMAXをいつも持ち歩いていて、調べたいものが突然浮かんだときや、ブログに載せたいことに出会ったとき、おもしろい風景や場面に遭遇したときに、タブレットとWiMAXのセットがあるとすごく便利で、いつでも自由にネットを使えます。

それに、ルーターのデザインもけっこう洗練されてます。
主にYouTubeやフラッシュを使用しているサイトを見るのですが、全くストレスは感じません。今後もWiMAXにするつもりでいます。

使ってみようかどうしようか考えている方には、私はおすすめします。

今はWiMAX2のキャンペーンも出てきてさらに速度が充実しています。

モバイルWiFiルーターを使って外で回線を共有する

モバイルWiFiルーターは携帯電話の回線を無線LANを介して利用することが出来る製品ですが、複数のWiFi機器と接続することが出来るので、外部において複数人でネットを使いたい時に重宝します。

利用出来るWiFi機器には、パソコンやタブレットや携帯用ゲーム機などがあり、モバイルWiFiルーターとWiFi機器が繋がる範囲であれば、好きな場所でインターネットを利用することが可能です。

近年発売されているモバイルWiFiルーターはバッテリーの持続時間が大幅に伸びているので、出先でのインターネットを利用する用途においては十分にバッテリーが持つようになっています。

モバイルWiFiルーターはLTEやWiMAXといった無線技術がベースになっているので、ADSLと同等以上の回線速度を持っているため、快適に利用することが出来るでしょう。

WiMAXは2年利用を条件にした定額プランが用意されており、他のモバイル回線や固定回線に比べて格安で利用出来ます。

LTEのような月7GB以上の使用による帯域制限が無いので、動画をよく見る人に最適なモバイル回線です。

しかし、PING値が固定回線に比べて低いので、回線の応答性が要求されるオンラインゲームの用途にはあまり向いていないので注意する必要があります。

モバイルWiFiルーターは日常的に使える

仕事柄、よく屋外でのネット利用を行います。メール程度なら携帯電話で済ますのですが、調べ物があるとどうしても利便性の面からノートPCを使いたくなるシチュエーションは多いものです。

普段からネットに慣れ親しんでいるので、使いやすいモバイルWiFiルーターを探していたのですが、日本通信の製品やサービスがユニークで個性あるサービスを展開していることに気付きました。

価格面での安さが目立ち、データ使用量が決まっているので、プランを考えながら運用できる点が素晴らしく、毎月少しだけどネットを使うという場合に非常に適していると思います。定額で使える安心感と、価格帯のバランスが絶妙で良いと思いました。

ネットは普段からよく閲覧していて、ニュースなどはもちろん、大きな事件が起きた場合、各掲示板での反応を見ながら世間の動向を探ることが日課になっています。常にネット環境を側においておきたい人間なので、あらゆる状況に適したモバイルルーターは生活の中で必須アイテムになっています。

デザイン性も優れたものが多く、持っていても恥ずかしくない、大人っぽい機器が多いのが嬉しいと感じています。デジタル機器に合うようなデザインが多いので、扱いやすいです。

モバイルWiFiルーターを使う

パソコンやタブレットなどをインターネットに接続するには様々な手段が用意されていますが、出張など出先で利用する場合にはモバイルWiFiルーターを利用すると便利です。

モバイルWiFiルーターは、本体のWiFi機能が搭載されており、携帯電話会社の回線を使ってインターネットを使うようにする製品のことです。

従来はPHSや3G回線を使った物が主流でしたが、近年ではLTEやWiMAXなどの新しいモバイル回線が利用出来る物が主流になっています。

モバイルWiFiルーターを使う場合には携帯電話回線キャリアと契約する必要があります。
しかし、携帯電話回線キャリアはパートナー契約を結んでいる企業にMVNOという形で回線を販売することを認めており、そのおかげで格安のモバイル回線を利用出来るようになっています。

格安のモバイル回線のSIMカードを利用することで、モバイルWiFiルーターを格安で導入することも可能です。
格安のモバイル回線には利用の際に、帯域制限や音声利用が出来ないなどの制限がありますが、ネットを利用するだけであれば、携帯電話キャリアと契約するよりも遥かに安く利用することが出来ます。

一方で、MVNO業者では消費者のニーズに応えるために音声データのやり取りが出来るタイプも販売しており、携帯電話キャリアのように通話が出来るようになっています。

モバイルWiFiの特徴

近年、モバイルWiFiの需要が非常に高まってきました。

よく名前を聞くのがWIMAXとイーモバイル。

パソコンショップや電器店にいってもこの二つが大々的にアピールされています。
それでは、この二つは何が違うのでしょうか?

大きく違うのはつながり方と通信速度です。

料金については、どの会社も月額3000~4000円程となっています。

つながり方に関しては、WIMAXよりもイーモバイルの方がよくつながるという評判をよく耳にします。
この理由としては、イーモバイルの通信方法は、携帯電話と同じような通信方法を使っているので屋内でもつながりやすいと言われています。

一方、WIMAXは、携帯電話とは違う通信方法なので屋内での通信がつながりにくいというふうに言われています。しかし、WIMAXは、現在WIMAX2という高速通信ができるようエリア拡大なども行っているため今後の通信感度に期待ができると考えられます。

二つめの通信速度に関しては、WIMAXでの通信速度があるデータ量の上限を超えても速度規制が行われません。

一方、WIMAX以外の会社では、一定量のデータ通信を行うと速度が1000分の1以下程になってしまいます。

これらを考えると、通信速度制限はないが場合によってはつながらないWIMAXか繋がりやすいが速度制限のあるイーモバイルかという事になる。

これらの問題を解消するためには、企業努力も必要だが、私達消費者も使用エリアの確認や最適なプラン設定などを見極めなければいけない。